会社員をしている40代男性です。仮想通貨の中ではもっとも歴史が長く、個人投資家に人気があるビットコインを買いました。

貯金を崩して90万円するビットコインを購入!

3年程度前からビットコインの存在が有名となり、気になり始めました。

インターネット上では仮想通貨のビットコインに関する話題が増加していき、ビットコインに投資する人が増加していきました。ツイッターでは毎日のように誰かがビットコインについて話題にしていました。

しかし、2014年にマウントゴックス事件が発生したため、ビットコインを買うことについては躊躇してしまったのです。

しかし、その後もビットコイン相場には注目し続けていたところ、ビットコインの価格は下落するどころか値を保ち、2017年に入ってからは右肩上がりの大相場になっていきました。

そして、私はついにビットコインを買うべきだと判断したのは、2017年に1ビットコインの価格が90万円を超えたときでした。「いま買わなくていつ買うのか」という気持ちで、思い切って貯金を取り崩して1ビットコインを買ったのです。

ビットフライヤーを使えばマウントゴックス事件のようにはならないだろう

ビットコインを買うにあたっては仮想通貨の取引所に口座を開設する必要がありましたが、マウントゴックス事件の二の舞を避けるために、システム投資を万全に行っている大手の仮想通貨取引所を選びたいと思いました。

日本国内には複数の仮想通貨取引所がありましたが、そのなかから私はビットフライヤーを選びました。

理由は、ビットフライヤーの社長がテレビ東京の経済ニュース番組に生出演したことがあったため、信頼できる取引所ではないかと思ったためです。

また、ビットフライヤーのホームページを見たところ、大株主として日本を代表する銀行や生命保険などの大企業が名を連ねているのを見て、ビットフライヤーならば資金繰りに困って、システム投資を怠ることはないだろうと判断したのです。

寝ている間に10万円以上も価値が下がっていたらどうしよう・・・

ビットコインを購入する前の不安としては、ビットコインの値動きの激しさがありました。

たった1日で価格が10万円以上も上下に乱高下することが頻繁に起きていたことについて不安感を感じていました。そのため、本当にビットコインを買って利益を獲得できるか迷いも生じました。

それに、ビットコインは24時間売買されているため、自分が眠っている時間帯に10万円の値幅で下落してしまい、損失を被るのではないかと心配もしました。

しかし、最終的に私がビットコインを購入した理由は、アメリカではビットコインの先物取引が開始されたり、中国人の富裕層がビットコインを通じて海外に資産移転を図っているというニュースを読んだためでした。

数千億円から1兆円単位の資金がビットコインに流入していると推測できたため、もはや価格が大幅に下落するとは思えなかったのです。

暇さえあればビットコインのチャートを眺めて一喜一憂

初めてビットコインを買ったときは、「とうとう買ってしまった」とか「ついに買ってしまったな」という、いわば時計の針が振り切れたような気持ちにとらわれました。一線を超えたという気持ちになったのです。

それと同時に「これで自分も仮想通貨ブームに乗って多額の利益を獲得できるかもしれない」とか「1億円の利益を獲得できるかもしれない」という願望や欲望が自分の心の中に生じてくるのがわかりました。それほどビットコインは、自分の気持ちを昂らせるものがありました。

それからは、価格が激しく動くビットコインの価格の推移を、暇さえあれば取引所のビットフライヤーのチャート画面で眺めていました。10分単位で数万円変動するため、一喜一憂させられたものです。

ビットコインはもう儲からない仮想通貨!?

私がビットコインを買ったことについての周囲の反応には、2通りありました。ひとつは好意的な反応で「おまえもとうとう買ったのか。実は俺も少しだけど仮想通貨を持ってるんだよ」という反応であり、その後はお互い今後の仮想通貨ブームの行方を語りあいました。

もうひとつは否定的な反応でした。それは「今頃になってビットコインを買ったのかよ。チャートを冷静になって見たか?あんなに上がりきってる段階で買っても儲かるわけないだろ。ビットコインには国家という裏付けがないんだよ。オランダのチューリップと同じで、そのうち大暴落が発生してお前は大損するぞ」という厳しい意見をもらったこともあります。

私がビットコインを買ったことへの反応は両極端なものがあり、私は複雑な気持ちにさせられました。

90万のビットコインが150万円に!我慢すればもっといってたな・・・

ビットコインを買ったことによって、良かったと思えたことは、やはり価格が値上がりして利益を獲得できたことにあります。

1ビットコインが90万円台のときに買ったのですが、数ヶ月後には150万円を超えました。私はあまりに急激にビットコインの価格が上昇していくため、怖くなってしまい、150万円を超えた時点で利益を確定させたのです。このためビットコインを買って良かったと思いました。

しかし、その後もビットコインは上昇し続け、200万円を超えていきましたので、利益確定の時期が早すぎたかなとも思いました。

投資初心者ほどチャートの読み方を勉強しよう!

仮想通貨に投資するにあたっては、チャートの読み方を勉強されることをお勧めします。

仮想通貨は株式投資やFXと比べると、投資というよりは投機です。仮想通貨には価格の裏付けとなる資産や、国家という信用がまったくありません。そのため価格が激しく乱高下するのです。

この激しい価格の乱高下に対応するためには、チャートの読み方を勉強して、上昇トレンドのときに買いをいれて、下落トレンドになったら利益を確定させるテクニックを身につけることが、もっとも重要だと思います。