今は投資対象としての側面が注目されている仮想通貨。
ただ、本来仮想通貨は、現金のように形はなく、国の価値保証はないけれど、インターネットがあれば、物を買ったりサービスを受けたりするの時の「お金」として使うことができるものです。

今回は、仮想通貨で出来ることと、具体的にどのように利用できるのかをご紹介したいと思います。

現金化が可能

よく、仮想通貨は電子マネーと比較されることがあります。

似ている部分もあるのですが、仮想通貨と電子マネーの大きな違いは、現金化ができるか否かです。

基本的に電子マネーは、日本円を入金することはできても、電子マネーを現金に変えることはできません。
反対に、仮想通貨は、日本円と仮想通貨間で自由に換金が可能です。

つまり、例えば、国内で日本円をビットコインに両替し、そのビットコインを海外の人に送金すれば、受け取った人は、その国の通貨(ドルや人民元など)に両替することも可能なのです。

直接送金ができる

安く早く、直接送金できることも、仮想通貨の特徴です。特に、海外に送金する場合は、仮想通貨を使う大きなメリットがあります。

通常、日本から海外に送金をしようした場合には、銀行を使う必要があります。使ったことがある方はわかると思いますが、銀行の海外送金の手数料ってすごく高いですよね。

そして、銀行が仲介をするため、営業時間内での対応となり、送金手数料・両替手数料などがかかりますし、通常、着金まで2〜5営業日ほど時間がかかります。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨は、個人間で直接送金をすることができます。そのため、安く、早く、24時間いつでも、どこへでも送金をすることができるのです。

決済手段として使える

世界中の仮想通貨のシェアの50%を占めると言われているビットコイン。

現在、国内でビットコインが使える店舗は、通信販売と実店舗を合わせて、すでに300店舗近くあります。有名なところでいくと、DMM.comやビックカメラ、マルイなどで、ビットコインでの決済が可能です。

参考:ビックカメラマルイDMM.com

そして、ビットコインでの決済は、「モバイルウォレット」と呼ばれるスマホで使えるアプリを使えば、とても簡単です。「モバイルウォレット」とは、デジタルの仮想通貨専用の財布で、仮想通貨を入金して持ち歩くことができるものです。

このアプリをスマホにダウンロードしてビットコインを入金しておけば、店舗では決済用のQRコードを読み取ってもらうだけで、数秒で決済が完了します。

ちなみに、ビックカメラやマルイでビットコインを使う場合は、bitFlyerに口座を作って、アプリをインストールしていれば、そのアプリをウォレットとして使うことが出来ます

ビットコインが使える店舗は、今後ますます増えていき、ビットコイン以外の仮想通貨が使える店舗も増えてくると考えられます。

仮想通貨で出来ることまとめ

このように、仮想通貨は「お金」に変わる役割を果たすものです。

ただ、まだ使える場所が限られているため、その役割はあまり注目されていません。それでも、使える場所が増えるにつれて、利便性が増し、さらに多くの人が仮想通貨を利用するようになり、価値も上がっていくと考えられています。

そういった意味で、仮想通貨はまだまだ発展途上ということができるでしょう。